海外特許・国際特許出願なら梅澤国際特許事務所にお任せください

海外特許・国際特許出願の梅澤国際特許事務所
海外特許・国際特許出願
ブログ
[最近の記事]
2017/06/18
サイトのアップデート状況
サイトを立ち上げてからしばらく放置していたのですが、とりあえずメニュー一覧の方を徐々に足しました。 ……続きを読む
2017/06/11
はじめまして。
梅澤国際特許事務所のサイトに続いて、国際特許についての別サイトを作成いたしました。 元サイトの記事が……続きを読む
  • 全て表示
新着情報

2017/06/01

海外特許・国際特許出願なら梅澤国際特許事務所にお任せください。国際実務を数多くこなしてきた弁理士が、………  続きを読む>>>
  • RSS
  • 全て表示

外国特許出願のことなら当社へお任せください

国際実務を数多くこなしてきた弁理士が、慣れない海外特許取得について親切に案内するとともに、お求めやすい価格にて提供しております。
ソフトウェア・電気・機械分野を得意としております。技術内容を把握し、的確な権利化処理を行います。
委任状・譲渡書などの手続書面を分かりやすくご説明します。
どの段階から・・・?
・ご自分または他の特許事務所でPCT出願をされたものの国内移行手続をお受けするケースが多いです。
 国内代理人の委任状は必要なく、移管費用も不要なので、お気軽にお問い合わせください。
・PCT出願を行う場合、行わない場合(パリルート)のいずれも対応
・国内出願、PCT出願段階からもお受けしております。
費用・料金について
・原則としてマイクロエンティティ(米国出願の場合)を適用します。
 米国特許庁費用$1600が、$400になります。
・現地代理人費用も$780(米国の場合)となります。他国も同程度です。
 一般的なケースよりかなり安くなっているはずです。
・オフィスアクションは発生しないように用意しますが、実際は1回程度どうしても発生してしまいます。
 費用を抑えたい中小企業・個人事業者のために、インタビューを実施し、1回の応答で審査を完了させます。
国ごとの出願料金について
・出願料金は、米国アメリカで50万円(翻訳費用込)
・欧州ヨーロッパで80万円程度(翻訳費用除く)

米国の場合の内訳
現地代理人(約9万円)、特許庁費用(約4.5万円)、当所費用(12万円)、翻訳費用(24万円)

・特許庁費用は弊所で主に取り扱う個人・中小企業の場合です。
・大企業など減額適用がない場合はもっと増えます。
・翻訳は平均的な分量である8000word程度の想定です。
(30円/word×8000word=24万円)
・総費用は米国は80万円、欧州は200万円と見積もっています。
内訳の詳細な見積もりはご遠慮ください。

特許・商標などに関するその他の弁理士業務については、こちらをご参照ください。

梅澤国際特許事務所6つの特徴

PageTop